4/23(日)~4/25(火) 竹馬スキルからの勉強スキル

【4/23(日)】
1113:誤訳の研究(1)

今日は、「生体親和性材料」に絞って特許明細書を出力し、背景技術と特許の内容だけに絞ってノートに切り貼りしています。
「親和性材料」で特許の検索をするとヒット数125件と、なかなか少ない(ざーっと見る分にはちょうど良い数ではありますが)。「見てみると、親和性の低い低親和性材料の特許もあり、なるほどー、親和しない方がいいもの(よく分らないけど、低親和性の液体デバイスとか(液体のデバイス!?何それ!?)、レジスト膜に対する低親和性材料を形成したり(塗布するのかな?、遺伝子工学であったり・・・そういう用途があるのかー)
「生体親和性」で検索すると700件程。
※液体デバイス・・・マイクロ流体力学とかマイクロ流体デバイスとか液体クロマトグラフィーとか、、、分析や診断にも使用されるということなので、今後触ることになるかもしれない。。液体だからこそどんな形にも自由自在になれるというメリットがあるのかな??とちょっとだけ予想。)

うめぼしの今日のつぶやき
①ノート作成に使うのりは、スティックタイプのものより液状のりの方が持ちがよく塗りやすいように感じます。私の場合スティックのりだと力が入ってしまい、たぶん分厚く塗ってしまうせいもあるのかもしれませんが・・・とにかく液状のり推しです。

②子どもと一緒に公園に行きました。竹馬があったので、大人なのにやってみました。私は子どもの頃、野生児で大人の背丈ぐらいの竹馬に乗っており、今日公園にあった竹馬は大人の膝ぐらいの高さでしたが、なんと、約30年ぶり?の竹馬に、ちゃんと乗って歩くことができました!笑。子どもの頃に身につけたことは身体に染みやすいとはいうけれど、、本当だ!と思いました。
半年前は知らなかった、出来なかったことを、今では普通にやっている。講座を通して一生使えるスキルを身につけたい。今のところ『勉強する習慣』というのが身についてきている気がする。

【4/24(月)】
朝寝坊したので朝は明細書の検索と出力のみ。
電車で和佐木坂ラジオを聴き、お昼休みは読書。

【4/25(火)】
「僕らが毎日やっている最強の読み方」を読み終えたので、今回から読んだ感想などを読書ノートに残していくことにしました。読んでいた時の状況や、読みながら食べたものなど(笑)も残しておくと記憶に残りやすいということなので、そういうのも記録。刺さる内容が盛りだくさんでした。二人ともものすごい読書量。基礎知識の大事さも今やっている勉強と繋がるものもあり、読んでよかった。

今日も生体親和性の明細書の背景技術を読み込み。
社名に「~エステティック」がつく明細書を読んでみると、、おやおや?過剰な体脂肪又は脂肪組織は、セルライトの醜い外観を大きく見せるものと考えられる。。。ギクッとしながら読みました。脂肪組織を破壊するデバイス。欲しいな。

高分子ポリマーの表面の装飾・コーティングが課題となっている明細書もいくつかあり、装飾しても分離してしまったりするらしい。その辺も掘っていこうと思う。関連する書籍を検索すると7万円する・・・その本のあらすじと目次と著者一覧をコピペして、それらを調べてみることにします。。

luca-bravo-189272

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中