2/11(土)

【2/11(土)】
・岡野の化学(26)、(27)
これでアルコール終わり。

CHとOHの結合エネルギーについて。
教科書では、結合間の手がブチブチッと単純に切れているが、その間に過程があって、極性や混成軌道などの関係もあって。

また、OとHよりもCとHは離れにくい件について。
合コンで知り合って、付き合って1ヶ月で~す、なカップルよりも、幼なじみでつきあったカップルや、同棲しているカップルなんかは、別れずらいのではないでしょうか。と考えてみた。CとHはそんな離れにくいカップル。強く結ばれているんだね。
だから、エステル化反応も、二つの化合物のH2O(OHとH)を抜き出すときに、CHのHではなくて離れやすいカップルのOHを別れさせることにしました。

 

bhuwsy8c3xi-stas-ovsky.jpg

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中