2016年を振り返る

数日前から作成していた2016年のまとめを、やっとアップしてみます。

2016年は育休中、自宅で料理教室をやりたいという気持ちからスタートをした。
ここ数年、迷走を続けていた私は、今の事務の仕事を辞めたい、自分のスキルを持ち継続してやっていける何かを見つけたい。という思いをずっと抱いていた。でもそれを見つけられずにいた。
会社員として働いている今は、嫌々会社に行っていてもとりあえず毎月のお給料をもらえ、毎日仕事というより作業、頭を使わずに手だけ動かしていれば良いような事をやっていて、このままじゃあ本当にまずい、とずっとずっと思っていた。
4月に育休があけて職場復帰。

これまでの自分の人生の中で、唯一好きなこと、続けてやっていることって何だろう、と考えてみた。。『英語だ』と。

やっぱり英語がずっと好きだなぁ。何か英語を使った仕事をしたいなぁ。という単純な理由から、翻訳の学校を検索していた。日々、検索し続けた。でもレベル分けされている学校にあまりシックリ来ず、検索結果の出たサイトなどを調べ続けた。
そして、『サルでもできる特許翻訳』のブログとの出会い。夢中で読んだ。高卒!?できるの!?と最初は思ったが、『もしかして・・・私にもできる?』と思い始め、レバレッジ特許翻訳講座のリンクがあったが、名前が怪しかったのでとりあえず押さずにいた(笑)。せっかく良い情報を得たのにこのリンクを押して、またこういうやつか、と落胆するのが目に見えて分かったので最初は押さなかった。
そして、ついに押した。そこには管理人さんの厳しいお言葉がズラリと。グサグサと胸に突き刺さる言葉がたくさんあった。実はもう心の中ではこの時点で受講を決めていたのだ。金額が気になるものの・・・メルマガ登録。500ページ以上ある受講案内も印刷し、数日かけて読んだ。おおしまさんのものであろう受講感想は、何度も読んだ。大学には行っておらず、仕事と子育てをしながら勉強しプロになった姿は、励まされるし自分の希望になった。
これが8月頃。(あ、、なんか受講感想みたいになってしまった。。。)

そして300本プレゼントに応募し、夫に相談。
晴れて受講することを決めた9月。
9/17から本講座の受講をスタートした。

それまでMeetupに参加してみたり、早起きしてDMM英会話のレッスンを自宅で受けたりしていた。4月から仕事に復帰して、その時点で4時半起きで夕飯の準備までしていて、DMM英会話を始めてからは4時起き。と、だんだん早起きが身についていたのも今思うと良かったのかもしれない。

ここから余談———————————————————————お昼時間に女子社員数人で会議室でテレビを観ながらあーでもないこーでもない、スイーツやドラマの話、まるで絵に描いたようなTHE OLというランチタイムを過ごしてきたのですが、特許翻訳の勉強をスタートしてちょっと経った10月頃、お昼時間に、お局さんと何の中身もない芸能人の話をしている自分に気づき、そして、お局さんとの会話のためだけにドラマを観ようかな、と思っている自分にも気づき「自分、何かんがえとんねん?」とエセ関西弁で自分にツッコミを入れました。

今までテレビッ子だった自分が、今回の勉強を機にテレビをみるのを辞め、人生を変えようとしているのに、まだくすぶっている自分がいる。お局さんにどう思われてもいいや、孤立してもいい、裏で文句を言われても、どう思われてもいいや、と思ったんです。なので、お昼の無駄な時間から卒業、勉強時間に充てることにしました。これは、今までの約8年間過ごしてきた無駄な時間との決別でもあります。ずっと彼女の目を気にして、気を遣ってやってきたので、後悔はなし。もう私は進むしかないのです。
ここまで——————————————————————-

10月より晴れて第7期講座スタート。

最初の頃は、前にもブログに書いたが、『官能基』や『クロマトグラフィー』やら、講座では普通に使っている用語が、『???』と、なんかすごい言葉が出てきたぞ・・・と驚きを隠せなかった。

化学のドレミファからスタート。まずは読んでみた。半分ぐらい読んで、だんだん分からない所が出てきて、ノートに書きながら自分でも手を動かさないとだめだと思い、また最初から戻りノート作りと共に進めた。(最初から手を動かしながらノート作成をしておけばよかった)
岡野の化学のテキストを購入した。実は岡野の化学のビデオ動画があることを知らず、テキストと共に自分で勉強を進めていた。途中で当講座に岡野の化学シリーズのビデオがある事を知り視聴。また最初からやることになった。これが11月頃かも。(こちらも、最初からビデオ講座を進めるべきだった)
反省点ばかり。

テキスト版メルマガの3Mシリーズをやっていた。なぜかというとビデオの時間が短いから隙間時間にサクサク進められるかな、という理由でまずこれを終わらせようとしていたが、なかなかまとめて進められず結局2カ月近くかかった。

化学と対訳シリーズはもっとスピードアップする必要がある。
講座スタートして半年はビデオ消化をひたすらするという教えがあったが、できておりませんでした。

12月に入り、予定していたTRADOSを導入。予想していたよりも扱いにくく、四苦八苦しもがいているだけで何もマスターできていない。早くこの暴れ馬(別に暴れてないが)をものにしたいものだ。Varianの対訳シリーズをスタートしたが用語作成もしていきたいので、慎重になっている・・・

というかんじで、化学、対訳の勉強を主にやった2016年10月~12月でした。
まだまだです。まだまだまだまだ分からない事がたくさんあり、勉強時間も全然足りていない、スピードも遅く、のんびりしすぎだと管理人さんに言われた言葉が重くのしかかります。もっともっと勉強が必要です。
唯一、マインドマップの作成方法がなんとなくだけど分かるようになり、少しずつだけど、理解するために使えるようになったのは良かった所かな。いえ、そこもまだまだですけどね。

あ、マスターCVもまだ修正が必要です。
自分の得意分野、専門をなんとなくだけど決めることができた。講座をスタートしたての頃は、得意分野なんて何もありません、何もできませんし。と思っていたが、自分の好きなもの、興味のあるもの、でまずは攻めることにしたのは大きかった。それで楽しく勉強ができているというのも実際あるので、CVはいずれどんどん改定していくとして、とっかかりとして好きなもの、興味のあるものを専門にするのは良い方法なのではないかと思う。

ゼロからスタートした特許翻訳の勉強。何も分からない状態だったけど、翻訳業界のこと、翻訳支援ツールのこと、エディタのこと、化学のこと、専門用語、などなど、すこーしずつだけど分かってきて、とても面白い世界だなと思います。
2016年下旬~生活がガラリと変わりました。
10年手帳も購入したのでさっそく記録していきます。32vyhonoyr4-larm-rmah

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中