獅子の如く あこがれの鉱奉行

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

皆さん研究はどれくらい進んでますか?
内政に振るか、軍務に振るか、バランスがとても難しく、私も日々悩みながら研究を行っています。とはいえ本格的に研究を進められるのは兵9になり、鉱山部隊も増やし切ってから。(極論、塩田を作ってから?)
それまでは資源系の研究(特に鉱山系)に絞り、他は比較的安いものだけをあげるのが良いでしょう。兵10、11の実装と同時に追加された研究「鉱奉行」これを研究すると村落で鉄がとれるようになります!なんて魅力的!!!

実装当初、内政好きの私はすぐにでも研究したかったのですが、その条件がとんでもなく厳しい...「特級・耕作」「特級・徴税」をLv10だなんて...ちなみにこの二つの研究開始条件は「上級・輪作」「上級・銭納」をMAXにすること。
鉱奉行実装までに研究を進める余裕のあった初期鯖の人はともかく、二桁鯖の人間にこの条件はかなり厳しい。とりあえず御殿上げが優先だと思い見送ってきたわけですが、塩の待ち時間が長いこと長いこと。やるなら今しかない!といっきに鉱奉行解放しちゃいました。

「特級・耕作」「特級・徴税」を研究するにあたり、必要な鉄の量をすべてメモったので今回はそれをご紹介します。

合計6.25億。耕作と徴税合わせて12.5億

「鉱奉行」自体が2.69億なので総計15.19億!!

えげつないです。上級が終わってない人はさらに追加です…。

さてさて、これでどれくらい稼げるのか。研究が終わって暇な主人公を派遣したところ、

村落はふたつあるので、時給は11万弱

一週間で1800万ほど!

鉄の元が取れるのは… 84週間後。…1年半後!?!?

ちなみに、鉱奉行Lv 2は学問所31と特級耕作、徴税Lv 15でした。当分無理ですね。

…わかってはいましたが、あんまりもらえませんね~。まあ、最近は鉄に糧と銭が追い付かなくなってきていたので、耕作・徴税をあげられたのは個人的には良かったです。城33以降の内政研究も鉱奉行が条件ですし。

鉱奉行を研究する時期

もし鉱奉行を目指すとしたら、やはり塩の待ち時間を利用するのがベストだと思います。
まずは御殿30にして、塩田をLv6に上げ切りましょう!
そこから当分は塩待ちになるので、御殿上げと鉱奉行を両立するならここしかないかなと思います!

以上、研究のしすぎで鉄がすっからかんのうめぼしでした、、。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*